コーチングとNLP、どっちにしようか迷ったときに読むサイト

HOME » NLPスクールのチェックポイント » 機関公認のスクールか

機関公認のスクールか

スクールを探し始めると気づくと思いますが、NLPの団体は世界に多数あります。国内だけでも、様々な協会名を見ることになるでしょう。その中で最も信頼すべきはどこなのか。ここではその基準を解説していきます。

アメリカの3大NLPとは

私自身も、どの団体が信頼できるのかを判断するのにはかなり迷いました。NLPのことはまだよくわからないから、どこも怪しそう…というイメージでした。

ですが、スクールを調べていくうちに、アメリカの全米NLP協会、NLPコンプリペンシブ、NLPユニバーシティという3つの団体が、主流になっていることがわかりました。3大NLPと呼ばれているそうです。

これらの団体では、最先端のスキルと知識を凝縮した第3世代のNLPを教えてくれます。つまり、これまで第1世代~第2世代を経てきたことになるのですが、第2世代の時点で個人の心理治療からビジネスや教育、健康面などにまで活用されるようになっています。

ですがこの段階では、一般の人が普段の生活に取り入れるのは難しかったようです。

そして、第3世代の登場となるわけですが、この段階では多くの人が理解しやすいように、ライフワークやライフスタイルの基礎が取り入れられたとのこと。身近で学びやすいものとなり、さらに普段の生活や仕事に取り入れやすい形に進化を遂げたそうです。

また理解しやすさだけではなくて、よりレベルが高くなっているため、活用できる幅も広くなっています。よりたくさんの人に対応できるものになったわけです。

第3世代を採用した団体公認のスクールを選ぶ

ということで、これから学ぶのでしたら第3世代のNLPがおすすめです。日本のスクールの多くは、第1世代や第2世代のNLPを採用しているようですので、注意してください。

日本で第3世代のノウハウを学べるのは、日本NLP協会、全米NLP協会、米国NLP協会が公認しているスクールとなります。候補のスクールをピックアップするときには、これらの団体が公認しているかを調べるようにしましょう。

ちなみに私が通っているスクールは、日本NLP協会公認です。最新のNLPの権威がアメリカから訪れて、直接学べるセミナーも開催されているためか、普段のセミナーにもたくさんの受講者がいて、安心して参加しています。

世界の権威のセミナーを体験しようという意識の高い人たちと交流できて、とても良いスクールを選べたと思っています。

 
徹底比較!コーチングvsNLP