コーチングとNLP、どっちにしようか迷ったときに読むサイト

HOME » コーチングとNLPの豆知識 » NLPの学び方

NLPの学び方

NLPの学び方

NLPは、コミュニケーション心理学とも呼ばれ、よりよい人間関係を形づくる上で効果的なスキルを学んでいきます。実践的なスキルを磨いていくので、基礎の段階からしっかりとした学び方を身につけ、学習を進めていくことが大切です。

NLPのスキル習得度ごとに、必要な知識や効果的な学び方などを確認していきましょう。

  • 初心者レベル
    NLPを学び始めた段階で、知識も経験もこれから身につけていきます。基礎的なルールを学び、練習によってどのように活かせるのかを実感することが大切です。
    まだ想定外のことには対応できませんので、基礎ルールを固めることが先決といえるでしょう。
  • 中級者レベル
    初心者レベルで学んだルールを活かしながら、実践的な場での柔軟性を養う段階です。ルールからガイドラインへと移行させながら、想定外の問題への対処を試みましょう。
    まだ全体的な理解には至りませんが、徐々に応用力を高めていく姿勢が大切です。
  • 上級者レベル
    ルールから離れ、より状況に合ったモデルを使ってワークを行えるようになる段階です。臨機応変な対応ができるようになります。
    しかしながら、問題を解決するスキルはあるものの、プロと呼ぶにはまだ早い状態です。練習を重ねながら、どの部分に焦点を当てればより効果的に問題解決ができるのか考えていくことが大切です。
  • 熟練者レベル
    NLP心理学の全体像を理解し、外部のプラスアルファの情報も活かしながら成長していける段階です。対象となる状況からどのような問題が持ち上がるのかを予測できるようにもなります。
    自ら修正を加えながら学びを続けていくことで、次の段階へとステップアップすることができるでしょう。
  • 達人レベル
    NLPで一人前と言える段階です。10年前後のNLO学習経験を通して、状況に沿ったベストな解決方法を提案できるようになります。
    客観的な説明を行うことで、トレーナーとしてのスキルアップも望めるでしょう。
 
徹底比較!コーチングvsNLP