コーチングとNLP、どっちにしようか迷ったときに読むサイト

HOME » NLPを学んだ人たちの口コミ集  » NLPを仕事の営業にいかしたAさん

NLPを仕事の営業にいかしたAさん

セールスマンとして営業の仕事をしてきたAさんの、NLP体験談を紹介します。若いスタッフたちをまとめる立場でもあったため、コミュニケーションスキルに興味があったそうです。

NLPの勉強を始めたきっかけ

僕は、セールスマンとして商品を販売する仕事をしていました。

しかし、典型的な売り込みタイプだったので、一方的に商品の情報を話すばかりで、お客さんが本当に求めている情報を伝えられているか、ずっと疑問だったんです。
また、初対面の人と話すことが苦手な性格で、その点でも苦労していました。それらのことから、本当にこのままで良いのか、不安に思ったのがきっかけです。

そこで、営業のテクニックとして使えるコミュニケーションスキルを身に付けようと決心。いろいろな技術を調べた結果、出会ったのがNLPでした。
最初は、NLPの基礎が学べるDVDを購入。自宅で視聴してみたら、その内容が面白くて、NLPに興味が湧きました。そして、もっと学びたいと思い、すぐにスクールを探し、その学校の入門コースを受講することにしたんです。

最終的には、マスタープラクティショナーの勉強までしました。仕事の日程と調整しながらの通学になりましたが、今ではやって良かったと思っています。

ビジネスにいかせるNLPスクールランキング>>

ビジネスへの効果は?

僕の仕事は、対面での営業と電話を使ったセールス。初対面の人と話すのが苦手だと、なかなか辛い現場でした。

しかし、NLPを学ぶことで変化が表れたんです。営業成績が、上がり始めていったので、効果が実感できてびっくり。特に、対面での営業での効果は著しく、当初の2倍以上の成約率を獲得できました。

今までの僕は、一方的に話すばかりでしたが、NLPの勉強をした後は、じっくりと相手の話を聞くスタイルに変化。時には、営業とはまったく関係ない話になることがあっても、聞き手に回ることで、お客さんとの信頼関係を築けるようになった気がします。

また、営業以外でも効果が見られました。若いスタッフたちとの関係も良くなり、人間関係がスムーズになったんです。

僕は、NLPを学ぶことで、自分のスタイルを見直し、ずっと抱いていた初対面の人への苦手意識も克服できました。これは、大きな収穫だと思っています。

 
徹底比較!コーチングvsNLP