コーチングとNLP、どっちにしようか迷ったときに読むサイト

HOME » NLPのビジネス実践例 » コーチングで大切なラポール

コーチングで大切なラポール

NLPで学ぶコミュニケーションテクニックの中には、ラポールというものがあります。
実はコーチングをする際にもっとも大切な要素になります。
今回は、NLPのラポールについてご紹介していきます。

まずはラポールとは何か?ということですが、信頼関係のことを指します。
コミュニケーションの大前提と言われている信頼関係ですが、当然コーチングでも大切になります。
まずは、クライアントさんとの信頼関係なしでは、コーチングをすることができないからです。
相手がコーチングで自分の中から答えを引き出していく際に、目の前や電話の向こうにいるコーチが信頼できるかどうかは重要です。

信頼できている気のおける存在であれば、いろいろと話すことができます。
しかし、どこか違和感や不信感があったら?話は出来ません。ですのでまずは信頼関係を作ることからはじめていきます。
NLPのラポールとはそういった信頼関係のことを指しています。

ではどうしたらコーチングやコミュニケーションにおいて、信頼関係を築くことができるのでしょうか?NLPセミナーの中で、ラポールの築き方については次にように教えてくれます。
相手と自分との間に調和を取ります。その為に相手に合わせていきます。

合わせるとはどういうことでしょうか?相手と自分は似ている存在だと感じてもらいます。
無意識レベルで安心感を持ってもらう為です。NLPのラポールを築く際にポイントとなるのは、相手に安心感親近感一体感などを感じてもらうことです。

そして、その為にあるのがNLPのコミュニケーションラポールテクニックです。

 
徹底比較!コーチングvsNLP