コーチングとNLP、どっちにしようか迷ったときに読むサイト

HOME » NLPのビジネス実践例 » 目標達成のプロセスが明確に

目標達成のプロセスが明確に

マネージャーになり、経営側の視点もより意識するようになりました。その中で、仕事の方向性やビジョンなどについて、会社の方向性に併せたとしても、独自のものを常に念頭に置き、自身を持って仕事を進めたいと思うようになりました。

そうした中でも、NLPは役に立ちました。なぜなら、目標を実現する力をつけるのに役立つスキルだからです。状況に応じた判断をし、決断能力を身に着けることで、将来のビジョンを明確に描くことができるようになります。

明確なビジョンを描くための判断力・決断力

将来像を明確に描くということは、それによって具体的な道筋がイメージされますから、目標に向けて頑張り抜く力を養うことにつながります。私の場合は、信頼し合える人脈作りという目標を設定していました。

NLPで学べるYes Setなど、具体的なスキルを手に入れられましたから、スキルをしっかり身につけるべく、一歩一歩努力を重ねることができました。

プロセスを大切にして将来像の完成度を高める

一歩一歩というのは、ポイントでして、状況に応じた判断を行い、決断していくというプロセスも重要となります。明確なビジョンがあるだけに、そこにたどり着くまでの具体的なプロセスもしっかり意識して、よりビジョンの完成度を高めるための決断も大切なのです。

また、もっと高い次元である経営面などでも、明確なビジョンを持てるようになるスキルだと思います。経営的な立場にある人は、ぜひ身につけておきたいものではないでしょうか。私も将来はその次元まで自分を高められればと思っています。

NLPを学ぶために通ったセミナーでは、意識の高い多くの仲間にも出会うことができしたので、本当に有意義なものとなりました。今後は仕事だけでなく、人生のビジョンも明確にしていければと考えています。

会社経営を志す人から人生について悩んでいる人まで、幅広く受け止めてくれるのがNLPの良いところだと思います。

 
徹底比較!コーチングvsNLP