コーチングとNLP、どっちにしようか迷ったときに読むサイト

HOME » NLPのビジネス実践例 » 目線の動きで相手の気持ちを読み取る

目線の動きで相手の気持ちを読み取る

コミュニケーションを上手に取るコツは、相手の本音を理解すること。NLPには、そのためのスキルやテクニックがたくさんありますが、その中でも日常的に活用しやすい「アイ・アクセシング・キュー」の理論や手法を紹介します。

アイ・アクセシング・キューとは

「目は口ほどに物を言う」ということわざを実現したようなスキルで、対話相手の心の中を、瞳の動きから読み取るものです。NLPでは、このテクニックを「アイ・アクセシング・キュー」と呼んでおり、日常でも活用しやすい技法として、注目されています。

人は、物事を考察する時は脳を使うので、脳にもっとも近い器官である「目」に、思考が表れるといわれています。瞳の動きを利用して思考を読み取ることで、相手が何を頼りに、どのようなことを考えているのか、その傾向が分かるという仕組みです。

目線の動き方で人の気持ちを読み取る方法

それでは、アイ・アクセシング・キューのテクニックをご紹介します。

対話をしている相手の目線が上下左右でどこを見ているのか、注意してみましょう。その方向に、相手の気持ちを読み解くヒントが隠されています。

  • 右向き(相手と対面している場合、自分から見て左向き)
    架空のことや予定など、未来のことを想像している状態。
  • 左向き(相手と対面している場合、自分から見て右向き)
    経験済みのことや思い出など、過去の出来事に思いを巡らせている状態。
  • 上向き
    視覚を頼りに考察している状態。
  • 横向き(左右)
    聴覚を頼りに考えている状態。
  • 下向き
    味覚や触覚、嗅覚など、体感を頼りに思案している状態。

つまり、対面している相手の目線が、自分から見て右側、すなわち左へ動き、瞳が上を見た状態で何かを考察していたら、過去に視聴した映画や、知り合った人の顔など、視覚から得た情報を思い出しているということです。

反対に、右側に目線が動いて、伏し目がちになるなど瞳が下に向けられたら、これから食べる料理の味や明日の気温など、体感するものを中心に未来のことを想像していると読み取れます。

相手の話の時間軸が過去にあるのか、もしくは未来に向けられているのか、目線で見分けられる根拠には、一般的に使われているグラフの形式が関係しているとのこと。営業成績や株価など、左から右にいくにつれて、新しい時期の情報へと移行していくものが多いですよね。未来のことを考えるとき、人間はそれに基づいて、右側に目線を寄せる傾向があるそうです。

日常での活用例

日常のどのような場面で活用できるのか、実践的な方法を説明します。

  • 相手が嘘を吐いていないか見極める
    話をしていて、相手の目線が左右のどちらに動くかで、その人が真実を話しているのか、嘘を吐こうとしているのかが分かります。
    質問にもよりますが、たとえば、「週末、何をしていたか?」と聞いた時に、「本を読んでいた」と相手が答えたとします。「どんな本を読んでいたのか?」という質問に対して、相手の目線が左側に動いたら、読んだ内容を思い出そうと、「過去」のことに思いを巡らせている証拠です。しかし、その相手は、実際には読書をしていなかったとします。本を読んでいたと嘘を吐いた場合は、読んだこともない架空の物語を思い描こうとすることでしょう。それは、その人にとって「読んだ」という経験がない未知の世界であり、未来を思い描いている状態と等しくなるのです。
  • ビジネスで、相手の印象に残るプレゼンをする
    瞳の動きが上に動きやすい人は、視覚を頼りにしている傾向が強いので、視覚に訴える資料を作成すると、円滑な取引の手段として有効です。瞳の向きが上下には向かず左右に寄りやすい人は、聴覚を大切にしている人が多いので、直接会話をしてプレゼンなどをすると、記憶に残りやすいでしょう。また、瞳が下に向きやすいひとは、体感を重視している傾向があるので、プレゼンする商品を実際に渡して、食べたり触ったりしてもらうことで、味覚や触覚に訴えていくのも、有効な手段です。

※注意
このページで紹介した情報は、あくまでも思考の傾向を示すものであって、一般論に過ぎません。すべての人や場合に当てはまるものではありませんので、参考程度にご利用ください。

 
徹底比較!コーチングvsNLP