コーチングとNLP、どっちにしようか迷ったときに読むサイト

HOME » NLPのビジネス実践例 » 応用スキルで自分に余裕を生み出す

応用スキルで自分に余裕を生み出す

このページでは、NLPの応用スキル「コア・トランスフォーメーション」の考え方やメリットについて解説していきます。

コア・トランスフォーメーションとは

コニレイ・アンドレアスとタマラ・アンドレアスが、NLPをベースにして開発した最先端のテクニックです。自分の内面(コア)に変化をもたらして、本当の目標や希望を見つけ出し、人間的な成長を促します。

コア・トランスフォーメーションで得られる代表的な変化には、以下のようなものがあります。

  • 自己コントロール能力(怒りなどの感情、飲酒や過食を抑制する力)の取得
  • 悩みや不安の解消
  • 自己バランスの改善
  • 自分や他人に対して寛大になれる

コア・トランスフォーメーションの効果は、自分が抱いている内面の葛藤を解決できる、自分が考えている自分自身の評価を高めていくなど、心の中に対して働きかけるものが多くあります。自分の内面を変えることで、心の傷を癒し、自分でも否定したい癖や考え方と向き合い、本当に望んでいることを叶えるために正しい努力をすることができるようになります。

特に、自己コントロール能力は、ビジネスでも役に立ちます。自己コントロール能力で怒りや焦りなどの感情をうまく抑制することで、自分自身に余裕が生まれ、部下や取引先に対して寛大にふるまえるようになります。NLPで培ったテクニックに加えて人間的に優れたふるまいをすることで、更に円滑なコミュニケーションが期待できるでしょう。

他人と上手に付き合うには、自分自身のバランスも重要です。コア・トランスフォーメーションで得られる技術や考え方は、心の変化をもたらして自分の内面のバランスを改善する効果もあります。コア・トランスフォーメーションは、NLPで身に付けたスキルやテクニックをより上手にいかすためにも有効だと言えます。

日々の言動を目標達成に導く考え方

ここでは、コア・トランスフォーメーションの基本的な考え方を説明します。

コア・トランスフォーメーションでは、自分の内面に潜む心苦しさのことを「パート」と呼びます。内心で抱いている不安や葛藤といった心の苦しみ以外にも、日々の動作やさまざまな感情など、人のあらゆる言動や反応も、パートに含まれます。パートは、自己意識で感じ取れていない心の欲求や、本当に自分が望んでいることを感じ取っていると考えられています。つまり、

本当の望み=パート=心の苦しさや行動などのあらゆる反応や動作

ということです。心の苦しみや日々の何気ない動作は、自分の本当の希望を叶えるために生じているのです。

しかし、自分の希望そのものではなく、それを実現させるためのプロセスにこだわってしまう場合があります。プロセスにこだわって実行されたその行動は、本来の目的(本当に叶えたい希望)を忘れたパートです。目的や希望を実現できずに苦しみや不安を感じるのは、パートが目標を見失って、プロセスなどの別なものにとらわれている可能性があります。

パートが本来の目的や望みを思い出せば、こだわりから解放されて、目標に沿った正しい行動を取られるようになります。コア・トランスフォーメーションでは、パートに沿って正しく行動することで最終的に到達する本当の希望を「コア・ステート」と呼んでいます。コア・ステートに到達すると、自分らしい自然な姿で、安心して生きていけるようになるそうです。

コア・トランスフォーメーションは、この理論に沿って、コア・ステートに到達するための思考を形成し、自分の内面に変化をもたらす、自己変容に応えるためのものだと考えられています。実践するには、ベースとなるNLPの正しい知識を身に付け、コア・トランスフォーメーションの考え方に沿った、オリジナルのテクニックやスキルを学ぶことをおすすめします。

コア・トランスフォーメーション実践体験談

実際にコア・トランスフォーメーションを試してみた人は、どのように感じているのでしょうか?ここでは、実践した人の感想を紹介していきます。

  • どんなに仕事をして業績を伸ばしても満足できず、家族との時間を削って仕事に取り組んでいました。コア・トランスフォーメーションを実践してみたら、仕事をたくさんすることで何を得ようとしていたか、本当の目的を思い出すことができました。
  • 自分が嫌いだったので、それを直したいと思ってコア・トランスフォーメーションを学んでみた。学んでいくうちに人生が変わっていって、今は自分のことを好きだと思えるようになった。

NLPをいかしたコミュニケーションやコーチングによるサポートをさらにすばらしいものにしていくには、自分が人間的に成長して寛大になることが大切です。上記のような悩みや葛藤をコア・トランスフォーメーションで解消して、自分自身に余裕を生み出すのも、NLPの立派な実践例と言えるでしょう。

 
徹底比較!コーチングvsNLP